ハワイのガイドブックあれこれ

SmallLogo

こんにちは。ハワイ在住”マガジン” フォトグラファーのマルです。

image1

今週一週間は、一時帰国で東京に滞在しています。

そんなとき、本が完成するタイミングが合うと、撮影した掲載誌は滞在先の実家に送ってもらってます。

今回届いていた掲載誌の中で、年末年始のハワイ旅行にオススメの3冊です。

◆エイ出版社
ハワイ本forファミリー
名前の通り、ハワイ家族旅行に特化したガイド。実際にハワイで暮らす知人のママライター達が記事書いてる力作。
残念ながらCover photo のクレジットはないけど、表紙は僕の写真です。そのほか特集いろいろ撮影。

◆ダイヤモンドビック社
ホノルル ショッピング&グルメ
タレントの出岡美咲さんを起用した広告特集カラー8Pの撮影をしてます。地球の歩き方の出版社だから情報が細かいよ。

◆昭文社
まっぷるハワイ2018
ピルボックス評論家(笑)として、ピンクピルボックスの紹介をしています。オアフ島だけでなくて、ハワイ島、マウイ島の情報も載ってます。地図の会社だけあって、ハワイのオフライン地図を使えるアプリや電子書籍版が見られるなど機能的。

自身にぴったりの本でハワイを楽しんでくださいなー。
と、寒い東京よりお知らせでした。

Photo & Text by TOMOHITO ISHI”MARU” 石丸智仁

※本記事の写真及び文章の転載は一切禁止です

 

★★★★ ハワイ・オアフ島で写真好き、ハワイ好きの方のためのツアー形式の写真撮影講座を開催中 ★★★★

apt-hawaii.com

↑ ↑ ↑ ↑
現地在住プロカメラマンがオアフ島のフォトジェニックなポイントを1日かけてご案内し、現地で直接撮影方法を指導します。一眼レフはもちろん、スマホ参加も大歓迎。

 

http://www.tomohitoishimaru.com
↑TOMOHITO ISHIMARUホームページ

「絶景ハワイ」好評御礼のプレゼント企画だよ!

SmallLogo

こんにちは。ハワイ在住フォトグラファーのマルです。

ほぼ一ヶ月ぶりのブログ更新となりました。

このひと月はほぼ毎日撮影が入り、年末が締め切りのプロジェクトの納品が重なり、さらにもうすぐ一時帰国のためその準備に追われ、、、。はい、言い訳です。1週間に一度は更新したいのですけどね。まだまだ自分に甘いですね。

そして今日もホノルルマラソンの撮影で朝4時起きで撮影して戻ってきたばかり(浅田真央さん完走おめでとう!)。

引き続き忙しくさせてもらって夕方なのに早くも眠いですが、ブログを更新せずにはいられないお知らせがとどきました。

 

前回の ブログ で紹介した僕の映像作品集「絶景ハワイ」の発売からひと月が経ちますが、これがかなりの売れ行きなんですって!

発売元:シンフォレスト
公式ページ:http://www.synforest.co.jp/dvd/rda19

おなじみの amazon や 家電量販店、大型書店の映像コーナーにて販売しております。

 

RDA19_絶景ハワイ_Fix-J_BDcase_1172x1477
こちらはブルーレイ版のパッケージ。DVD版もありますよ

 

いや〜、発売ひと月とはいえ出だし好調でよかったよかった。取引先の編集者やライターさんもハワイ関連の雑誌でたくさん紹介してくれたからなぁ。ありがたいことです。

そして売れ行き好調とのお知らせとともに発売元の「シンフォレスト」の担当S氏から

「この機を逃すべからず。著作者自ら何かしらの販促をせよ!」と、

厳しくもありがたいお言葉。ありがとうございます。やらせていただきます。

 

「絶景ハワイ」プレゼントキャンペーンをやるよ〜

そんなわけで、好評御礼ということでシンフォレストさんからプレゼントを提供していただくことになりました。

「絶景ハワイ」を抽選で2名さまにプレゼントします。

応募方法はふたつあります。

 

応募方法その1

フェイスブックからこの記事をご覧になった方は、この記事のポストを「シェア」してください

※当選された方にはダイレクトメッセージにて、お名前、発送先をお聞きします

応募方法その2

下記のメールアドレスにメールを送る

tripcreationhawaii@gmail.com

※件名に「絶景ハワイ プレゼント希望」とお書きください。本文は何も書かなくて結構です。当選された方にはお名前、発送先をお聞きするメールを返信いたします

 

応募の締め切りは 12月25日。

それまでに上のどちらかの方法でご応募ください。

 

●当選の場合、当ブログ、およびフェイスブックにて当選者のお名前を発表させていただきます。

●当選品は発行元のシンフォレストより発送されます

 

皆さませっかくですので、ふるってご参加ください。

そして外れちゃったら買ってね〜W

 

 

Photo & Text by TOMOHITO ISHI”MARU” 石丸智仁

※本記事の写真及び文章の転載は一切禁止です

 

★★★★ ハワイ・オアフ島で写真好き、ハワイ好きの方のためのツアー形式の写真撮影講座を開催中 ★★★★

apt-hawaii.com

↑ ↑ ↑ ↑
現地在住プロカメラマンがオアフ島のフォトジェニックなポイントを1日かけてご案内し、現地で直接撮影方法を指導します。一眼レフはもちろん、スマホ参加も大歓迎。

 

http://www.tomohitoishimaru.com
↑TOMOHITO ISHIMARUホームページ

映像作品集「絶景ハワイ」発売開始

SmallLogo

こんにちは。ハワイ在住シネマトグラファーのマルです。

本日11月10日(日本時間)、ハワイに来て僕自身初の作品集が発売になりました。

写真集ではなく、映像集なんですけど。。。

タイトルは「絶景ハワイ」です。

RDA19_絶景ハワイ_Fix-J_BDcase_1172x1477

発売元:シンフォレスト
公式ページ:http://www.synforest.co.jp/dvd/rda19

↑ページに90秒ほどのトレーラーがあるのでぜひご覧ください!

 

オアフ島、カウアイ島、マウイ島、ハワイ島の4島の大自然を、陸、海、空から撮影しています。

2015年の秋から約2年かけて、上記4島を駆けずり回って撮ったものを72分の映像にまとめてもらいました。

Blue-rayとDVDバージョンがあり、日本でamazonや大型書店にてお求めいただけます。

ハワイに来てそろそろ4年になりますが、ここまでの活動の集大成です。ぜひポチッとしてご覧くださいませm(_ _)m

【DVD】
https://www.amazon.co.jp/シンフォレストDVD-海と大地…/…/ref=pd_sbs_74_2…

【Blu-ray】
https://www.amazon.co.jp/シンフォレストBlu-ray-海と大地が…/…/ref=sr_1_1…

※ハワイ在住の方
送料&ハワイ州税込みで$35(Paypal決済)でお求めいただけます。購入ご希望の方は下記までメールください。ハワイの方への販売はブルーレイバージョンのみとなります。アメリカのプレイヤーでも問題なく再生できます。

tripcreationhawaii@gmail.com

 

この映像集の撮影にはさまざまな苦労、トラブルがありました。。。

なんせ2年ですからね。産みの苦しみは長かった。

でも納得のいく素晴らしい作品集になったと自負しています。

 

陸上、水中、ヘリ空撮、ドローン。さまざまな撮影をしましたが、撮影裏話も近々このブログでお話しできればなと思います。

まずはご報告でした。皆さん、観てね!

 

Photo & Text by TOMOHITO ISHI”MARU” 石丸智仁

※本記事の写真及び文章の転載は一切禁止です

 

★★★★ ハワイ・オアフ島で写真好き、ハワイ好きの方のためのツアー形式の写真撮影講座を開催中 ★★★★

apt-hawaii.com

↑ ↑ ↑ ↑
現地在住プロカメラマンがオアフ島のフォトジェニックなポイントを1日かけてご案内し、現地で直接撮影方法を指導します。一眼レフはもちろん、スマホ参加も大歓迎。

 

http://www.tomohitoishimaru.com
↑TOMOHITO ISHIMARUホームページ

旅行者こそ参加すべき! Honolulu Umisakuraのビーチクリーンアップに参加してきたよ〜

SmallLogo

こんにちは。ハワイ在住 フォトグラファーのマルです。

 

今回はちょっと写真から離れますが、去る10月22日にとあるボランティアに参加してきました。

ワイキキのお隣、旅行者の大半が足を運ぶアラモアナセンターの目の前にある、

アラモアナビーチをクリーンアップ(ゴミ拾い)するボランティアです。

 

アラモアナビーチはローカルの憩いの場で、僕自身もハワイの中でも最も好きな場所の一つ。

_DSC2498

このようにとっても綺麗なビーチで、訪れるのは観光客というよりほとんどローカルたち。

特にこの日は日曜日だったので、たくさんのローカルが休日のひと時を過ごしていました。

 

主催はHonolulu Umisakuraさんです

このボランティアを主催しているのはHonolulu Umisakuraという団体です。

Honolulu Umisakura のホームページ

 

Umisakuraは日本の湘南で発祥したビーチクリーンアップを主活動とするNPO法人です。

「目指せ! 日本一楽しいゴミ拾い」をキャッチコピーに、さまざまな催しを絡めたビーチクリーンアップを展開しており、今は湘南だけでなく日本全国およびハワイを含めた海外に支部が発足され、その運動はどんどん広まっています。

日本のUmisakuraのホームページ

その海外初の支部となったのがHonolulu Umisakura。

2012年に発足し、それから毎月1度のビーチクリーンアップを続けています。

 

Honolulu Umisakuraの代表はハワイ在住の河地史哉さん。

元々日本のUmisakuraの関係者とお知り合いだったそうで、

「ハワイに住んでいる自分たちだからこそ、何かハワイに恩返ししたい」という思いから、Umisakuraの活動をハワイで行おうと思いつき、始めたそうです。

僕は先日河地さんとふとしたきっかけで知り合ったのですが、

そのとき「5年前に活動始めた時は、独りだけだったんですよね〜」なんて言ってまして、後でHonolulu Umisakuraのブログを見ると。。。

記念すべき第一回の活動報告ブログは こちら

うわ、本当に独りだ(笑)

いやいや (笑) ってる場合ではないです。スゴイ! スゴイなこの行動力。。。。

そしてさらにスゴイのがその活動を5年間続けているということ。

1度や2度のボランティアなら気が向けば簡単にできますが、雨の日も風の日も、人が集まっても集まらなくても、

5年も月に一度の活動を継続してきたなんてスゴイのひと言です。

まさに継続は力なり。今では多い時には50人の参加者が集まるほどの活動になっているそうです。

 

僕も感心している場合ではありません。早速参加させてもらいました。

 

Honolulu Umisakuraのボランティアの1日はこんな感じだったよ〜

集合は朝の9時30分。場所はアラモアナビーチパークのワイキキ側の出入り口すぐにある、白いゲート付近です。

グーグルマップはこちら

 

_DSC2476
参加者が集まるとビーチクリーンアップの段取りと注意点が説明されます

 

_DSC2473
ボランティアの説明をする代表の河地さん

 

_DSC2482
Umisakuraのスタッフさんはお揃いのTシャツを着ています

 

_DSC2487
ゴミ拾いに必要なビニールは支給され、トングは貸し出してくれます

 

_DSC2485
キッズの参加もOKです

 

_DSC2489
説明が終わったら早速ゴミ拾いへ

 

_DSC2490
側道からさっそくゴミ発見

 

_DSC2495
ゴミで圧倒的に多いのはタバコの吸殻。こういう小さなゴミこそ鳥やカメが飲み込むので拾っていきたいという河地さんの言葉が印象的でした

 

_DSC2501
肝心のビーチもしっかりきれいに

 

_DSC2505
みんなで集合写真

 

ゴミ拾いは1時間ちょっとで終了です。

今回は約30名の参加者で、約10袋分のゴミを回収することができました。

最後はダイヤモンドヘッドをバックに記念撮影。お疲れさまでした〜。

 

こういう公共の場のゴミ拾いっていつ以来だろう? 学校の行事とかでやって以来かな。社会人になってからは初めて。

参加してみた感想は

◯普段よく行くアラモアナビーチも改めて見るとゴミがかなり多いことに愕然とする

◯とにかく無心になれる。単純作業なんだけど(いやそれがゆえに)、目の前のゴミを拾う作業に思った以上に没頭して1時間少しのゴミ拾いがあっという間に終わった

◯終わった後の爽快感がスゴイ。少しでも世の中のために役に立てたという爽快感。はっきりいって気持ちが良い

 

いや参加してよかったよかった。満足です。

でも「日本一楽しいゴミ拾い」がコンセプトのUmisakuraの活動はこれだけでは終わりません。

 

Umisakuraの活動は在住者も旅行者も参加すべき。その理由は。。。

Umisakuraは活動の継続には何より「楽しさ」が必要と考えており、

Honolulu Umisakura も参加者を飽きさせない趣向が凝らしてあります。

 

その1 抽選会

クリーンアップ後に、参加者のネームタグを袋に入れて、抽選会が行われます。

Honolulu Umisakuraには地元企業のスポンサーが付いていて、レストランのお食時券、スパのマッサージ券、オリジナルグッズ等々さまざまなものが当たるのです。

_DSC2509
こちら女性はホノルルにあるスパの$100相当のチケットが当たりました。おめでとうございます!

その2 毎回開催される特別イベント

Umisakura ではスペシャルゲストを招いてイベントを行います。

今回は2015年京都で開かれた「Best Body Japan」という美しい体を競う大会でマスターズ部門の1位に輝いた

安孫子健太郎先生によるモテボディ作りのプチ講座。

簡単で効果的なエキササイズ、女性が気になる二の腕や、お腹やお尻のトレーニング法を

30分に凝縮して教えてくれました。いや〜、かなり濃くて結構効きましたよ。

先生のトークも最高で30分の講座はあっという間。

翌日はしっかり筋肉痛になりました。

_DSC2516
さわやかトークの安孫子先生。今度始まるハワイのTV番組LOCAL HAWAIIのMCもしてます

 

_DSC2526
芝生の上でみんなでプチエクササイズ。簡単な方法を教えてもらったんだけど、これがかなり効きます

 

これは一例ですが、こんな感じで毎回ゴミ拾い後に特別なイベントが開催されます。

 

その3 ハワイでBBQ最高〜!

Honolulu Umisakuraの活動の締めくくりはBBQ!

こちらの参加は任意で有料です。男性$15、女性$10、子供は12歳以下は無料。

任意だけど、これは絶対参加すべき。

気持ちの良い風が吹き抜ける公園でもBBQは最高です。

_DSC2530
肉、野菜、ハンバーガー、焼きそばまでいろいろいろいろ出てきてお腹いっぱい

在住者は在住者同士の新たな知り合いができます。

そして旅行者の方ももちろんウエルカム。実際に今回も数名のツーリストさんが参加されていました。

ハワイ在住者とお友達になれますし、BBQは普通の旅行ではなかなか経験できませんしね。

日本人中心の活動なので、言葉の心配は全くなし。

 

_DSC2536
自分も久しぶりのBBQ。やっぱり外で食べる肉は美味い!

 

旅行者の皆さん、ぜひ参加してください!

 

※BBQはほとんどの回で開催されますが、たまに諸事情により開催されない場合があります。BBQ開催の有無は事前に確認してください。

 

ボランティアの参加方法と次回予告だよ

ボランティアの参加は開催日に上で紹介した場所に行くだけ。

事前予約等は入りません。

BBQ参加の場合のみ下記のメールアドレスに事前連絡が欲しいそうです。

名前と参加人数をおしらせください。

もちろん日本語でOKです。

 

honoluluumisakura@gmail.com

 

そして次回は 11月19日開催。集合時間はAM9:30

次回はなんと記念すべき60回目の開催。これで活動開始からまる5年になるわけですねー。すごいです。

そしてこの時期はホノルルマラソン直前。そんなわけで、クリーンアップはホノルルマラソンのコースを掃除するそうです。

またスペシャルゲスト&セミナーは

◯アラモアナのランニング専門店 「Runners Route 」 加茂マネージャー

「ファイティン・ハワイ」野村氏

 

両氏によるマラソン関連のスペシャルセミナー。

・フルマラソンを走りきるための正しいシューズ選び

・フルマラソンのための調整方法

・フルマラソンを乗り切るためのファイティンの正しい使い方・貼り方

 

を無料でレクチャーしてくれるそうです。

次回もしっかりBBQも開催されるとのこと。

 

旅行者の皆さんはもちろん、ハワイ在住のマラソン出場者の皆さんもこの機会に「ハワイで一番楽しいゴミ拾い」にぜひ参加してみてください。

 

Photo & Text by TOMOHITO ISHI”MARU” 石丸智仁

※本記事の写真及び文章の転載は一切禁止です

 

★★★★ ハワイ・オアフ島で写真好き、ハワイ好きの方のためのツアー形式の写真撮影講座を開催中 ★★★★

apt-hawaii.com

↑ ↑ ↑ ↑
現地在住プロカメラマンがオアフ島のフォトジェニックなポイントを1日かけてご案内し、現地で直接撮影方法を指導します。一眼レフはもちろん、スマホ参加も大歓迎。

 

http://www.tomohitoishimaru.com
↑TOMOHITO ISHIMARUホームページ

雑誌の表紙になる写真は良い写真?

SmallLogo

 ALOHA!

ハワイ在住”マガジン”フォトグラファーのマルです。

普段、私は雑誌や広告の写真などを撮っています。

元々日本では主に水中写真を撮っていて、ハワイに来てからはテレビやPVなどの映像も撮るし、ドローンも飛ばすし、たまにウエディングも撮るので何のカメラマンなのかよくわからなくなときもありますが。

でも大学を卒業してから10年以上、出版社で働いていたので雑誌の撮影は好きなのです。

編集者、ライター、カメラマン、スタイリスト、営業部、広告部、販売部。

みんながそれぞれの役割を果たして一丸となって一冊の本を作るのが楽しいのです。

 

ハワイの撮影というと、イメージ的に綺麗なビーチや景色の撮影が多いと思うのですが、雑誌等の取材撮影のその半分近くはショップの撮影です。

レストランでフード、バーではドリンク、アクセサリーショップでジュエリー、雑貨屋で小物、ブティックで洋服などなど。撮る対象物は多岐に渡ります。

さて少し前ですが、ワイキキのインターナショナルマーケットプレイスにある「GREEN ROOM」というギャラリーに撮影に行きました。お店の内観、外観、そしてもちろんギャラリーですので絵やグッズも撮影しましたが、そんな中何気なく撮ったのがこの写真です。

JCBpremium表紙Ath_
(Photo/Tomohito Ishimaru)

 

これだけだと、とりたてて取り上げるほどのこともない写真です。

でもこうなるとどうでしょう。

 

JP6_Hawaii_ph_0331th_

 

実はこの写真、雑誌の表紙に抜擢されたものです。

「JCB THE PREMIUM」という雑誌の今年の6月号で、JCBカード会員向けに送付されています。

これ、100万部以上刷られたらしいです。100万部なんて書店売りの雑誌では考えられない数字。

今回はこの号の巻頭特集「オールドハワイに和むオアフ」という特集の撮影を担当しました。

撮影したのは今年の春。4日間くらいだったかな。オアフのいろいろな場所を撮影しましたが、そんな中の一つがグリーンルームさんだったわけです。

 

もちろん撮影している時は、この号の表紙がどんな写真になるかはまだ決まっていません。

ハワイとともに沖縄の特集も入っていたので、それぞれのロケで撮られた写真の中から編集部が決定するとのこと。

「ハワイで表紙飾れるよう頑張って下さい〜」なんて担当編集さんにプレッシャーをかけられながら、各地の撮影をしていたのを覚えています。

 

撮影ではビーチや、サンセット、サーフボードな風景などなど、いわゆるハワイっぽい写真を結構撮ってたので、自分の中ではそんな写真が表紙になるものだと思っていました。

 

しかしデザイナーさん、クライアントさんと協議の結果、担当編集さんが決めてきた表紙候補写真が上のもの。

最初は 「え!?」 って思いました。

ハワイっぽい写真は有ったのになんでって。

 

聞いてみると、

◯過去のハワイ特集のときの表紙写真は毎回”らしい写真”だったので、変化をつけたかった

◯特に今回のテーマがこのギャラリーのこの雰囲気にマッチしていた

◯沖縄も綺麗な自然の風景が並ぶので

 

などなど、様々な理由からこの写真が表紙に決定したとのこと。

意外!とは思いましたが、特に不満を感じているわけではありません。

僕は雑誌を作っていたので、いろいろな背景で表紙が決定されることはよくわかります。

もちろん表紙ですから「良い写真」が選ばれるのは当然なのだけど、何が良い写真かというのはその時の企画意図やシチュエーションで変わるわけです。

発行されてから何ヶ月かたった今、改めて見返すとこの表紙は今まで僕の写真が採用された雑誌の表紙の中でもかなり気に入っています。

当初は想定外だった写真とその表紙。編集者やデザイナーさんなどの人の手を経て素晴らしいものに仕上がったものです。

意外な写真を他者が評価して掘り出してくれる。

これがたくさんの人が関わってできあがる、雑誌の仕事の醍醐味ですね。

 

Photo & Text by TOMOHITO ISHI”MARU” 石丸智仁

※本記事の写真及び文章の転載は一切禁止です

 

★★★★ ハワイ・オアフ島で写真好き、ハワイ好きの方のためのツアー形式の写真撮影講座を開催中 ★★★★

apt-hawaii.com

↑ ↑ ↑ ↑
現地在住プロカメラマンがオアフ島のフォトジェニックなポイントを1日かけてご案内し、現地で直接撮影方法を指導します。一眼レフはもちろん、スマホ参加も大歓迎。

 

http://www.tomohitoishimaru.com
↑TOMOHITO ISHIMARUホームページ

「有吉の夏休み2017」で登場したインスタジェニックな壁を撮るためのたった二つの絶対的なコツ

SmallLogo

ALOHA! ハワイ在住フォトグラファーのマルです。

海、山、街。そこかしこにフォトジェニックな場所があるハワイ。

インスタグラムの流行もあるのでしょう、たくさんのツーリストがそこかしこで写真を撮っています。

写真を撮るのは楽しいですよね。

弊社では こんなツアー も開催しているので、写真好きな方はぜひご参加を(キッパリと宣伝)。

 

さてオアフ島のインスタスポットとして、最近盛り上がっているのがカカアコ地区にあるウオールアートの壁たち。

ざっと紹介すると、、、

 

_D752831th_
倉庫の壁がアートになっています(Photo/Tomohito Ishimaru)

 

_D752837th_
壁画のテイストはさまざまです(Photo/Tomohito Ishimaru)

 

_D752844th_
最近の人気はこのモンスターたち(Photo/Tomohito Ishimaru)

 

_D752849th_
インスタグラマーさんがこんな感じで写真を撮りっこしているのをたくさん見かけます(Photo/Tomohito Ishimaru)

 

ツーリストのみならず、ローカルの特に若い人もちらほら写真を撮りに来ています。

 

さてそんな中、いま最もアツい壁といえばこちらでしょう。

_D750733th_
(Photo/Tomohito Ishimaru)

はい、見覚えのある方も多いと思います。ALOHA の壁です。

インスタ映えするカラフルなレインボーカラーとおしゃれなALOHAのロゴ。

 

こちら先月放送された「有吉の夏休み2017」でも登場し、芸人さんたちが訪れていましたね。

番組の放送以来、明らかに訪れる人が増えています。テレビの影響はまだまだすごいですね。

今回はこの壁の場所とアクセス方法、そしてここを訪れる時のある重要なポイントを紹介いたします。

 

ALOHAの壁はここにあるよ〜

この壁は先にも述べましたが、カカアコ地区にあります。

具体的な場所はグーグルマップでどうぞ。 こちら です。

これを頼りにグーグル先生にナビしてもらえれば誰でも行けますね。

ちなみにグーグルストリートビューでは絵が描かれる前の状態が記録されており、地味なコンクリートの壁のままですね。見てみるとそれはそれで面白いです。

さて交通手段はやはりレンタカーが簡単でして、ワイキキからなら10分くらいでしょうか。

THE BUSでも行けますし、あと最近登場したシェアリング自転車の BIKI を利用すればワイキキから20分くらいで来られると思います。

最近は各旅行会社が運行しているトロリーもカカアコウオールアートをルートに加えているようです。ただし、この壁自体はカカアコウオールアートの中心からは離れているので、レンタカーかBIKIの利用をお勧めします。

 

ALOHAの壁は駐車場なのです!

ネットでは壁そのものの写真しか目にしないので、まだ訪れていない方にはわからないと思いますが、このウオールアートはある施設の駐車場に面した壁に描かれています。

絵はその駐車場の敷地から眺めるわけです。

駐車場ですから普段はクルマが停まっているわけで、そこを普通に訪れると。。。

 

_D758265-4th_
当然ながらクルマがいっぱい (Photo/Tomohito Ishimaru)

 

_D758267-4th_
肝心の壁の前にもこんな感じで車が停まっています (Photo/Tomohito Ishimaru)

 

NO!  これでは壁全面を使ったインスタジェニックな写真は撮れません。

「えー! 有吉の番組では車なんて写ってなかったのにあれは番組用に車をどかしたのか!」

と思うかもしれません。

でもテレビの撮影でなくても、クルマのいない壁全面の写真を撮るチャンスはあるのです。

 

 

ALOHAの壁は 週末に訪れるべし!

ここはパブリックの駐車場ではなく、一般契約駐車場です。

主に周辺の会社やそこに勤めている人の契約駐車場になっていると思われますが、

週末はお休みですのでそういった人の車が停まっていません。

なので週末訪れればガラガラ、つまり壁全面の写真を撮ることができます。

_D750736th_
週末ならこんな感じで撮影できちゃうわけですね〜(Photo/Tomohito Ishimaru)

やっぱりこうでなくちゃ、インスタ映えする写真にはなりません。

訪れるなら週末に行くべし! です。

 

ALOHAの壁は午後に訪れるべし!

そしてさらに、この壁をインスタジェニックに撮るなら午後に訪れるべしです。

なぜか???

それは午前中は日が当たらないから。逆光にだとせっかくのカラフルな壁が写真では色あせてしまいます。

あの壁の色を出すには、ズバンと陽が当たる時間に撮るのがベストなのです。

 

週末に、そして午後に。

これがALOHAの壁をバッチリ写真に撮るための条件です。

ぜひこの鉄則を踏まえて、写真撮影を楽しんでくださいな〜。

 

MAHALO!

 

【Maru’s Star RATE】

フォトジェニック度 ★★★★★

注目度急上昇度 ★★★★

ローカル度 ★★★

 

Photo & Text by TOMOHITO ISHI”MARU” 石丸智仁

※本記事の写真及び文章の転載は一切禁止です

 

★★★★ ハワイ・オアフ島で写真好き、ハワイ好きの方のためのツアー形式の写真撮影講座を開催中 ★★★★

apt-hawaii.com

↑ ↑ ↑ ↑
現地在住プロカメラマンがオアフ島のフォトジェニックなポイントを1日かけてご案内し、現地で直接撮影方法を指導します。一眼レフはもちろん、スマホ参加も大歓迎。

 

http://www.tomohitoishimaru.com
↑TOMOHITO ISHIMARUホームページ

ピルボックストレイルの “バイブル” 爆誕!

Maruhawaii

こんにちは。ハワイ在住”トレッキング” フォトグラファーのマルです。

 

いきなりですが、今日は10月1日です。

今年も残り3ヶ月。月日が経つのは早いものですね。。。

的な季節のご挨拶は置いといて、この日は私にとって生涯忘れない日になりそうです。

 

2017年10月1日。私はデビューしました。

 

発表します!!!

 

ハワイのフリーマガジン「Hawaii Lovers」Vol.7 秋号にてピルボックス評論家(自称)として、

オアフ島の6つのピルボックストレイルをなんとカラー10ページにわたって紹介させていただく栄誉をいただきました!

今や大人気のピルボックストレイル。ハワイの定番アクティビティに近づいている感があります。

ハワイラヴァーズさんのホームページは こちら

 

すでにワイキキ内にあるマガジンラックに陳列されています。

ハワイ在住の方はぜひご覧くださいませ〜。

またマガジンは年内いっぱい置いているはずなので、年末にハワイに訪れる方はぜひゲットして、

ピルボックスハイクを楽しんでください。

 

ハワイに来られない方は手に入らないかと思いきや、日本に23店舗あるホノルルコーヒーでも手に入るとのこと(無料)。

ホノルルコーヒーさんの日本の店舗は こちら

なので美味しいコーヒーを飲みながら、ハワイに思いを馳せつつぜひご覧ください。

 

さて雑誌の表紙はこちら、ラニカイピルボックスです。

Maruhawaii
表紙の色味が沈んでいるのは目を瞑っときましょうね。。。

 

中身をチラリお見せしましょう。

嬉し恥ずかし顔写真付き

ピルボックスハイクに関して必要な情報が全部載ってます!

 

特集名は
「海だけじゃない! ハワイの新しい楽しみ方 ピルボックストレイルパーフェクトガイド」。
はっきり言っておきましょう。

これは永久保存版です!

掲載しているピルボックストレイルは

◯ラニカイピルボックストレイル

◯ピンクピルボックストレイル

◯エフカイピルボックストレイル

◯プウ マエリエリピルボックストレイル

◯カエナポイントピルボックストレイル

◯カウェラヴイピルボックストレイル

 

の6つです。それぞれ2ページ or 1ページを使い、各トレイルのアクセス方法、登る際の注意点、見晴らしの様子などなど事細かく解説しています。

ピルボックストレイルについて、ここまでスペースを割いて突っ込んで紹介しているメディアが他にあったでしょうか。

否!

まさにピルボックスハイカー達のバイブルとなる一冊。

しかもこれが無料で読めてしまうとは。。。 全く良い世の中になったものです。

 

さてしかし、私のブログをいつも読んでくださっている賢明な読者の方々なら気がついたかもしれません。

「全部ブログで紹介してきた場所じゃないか」と。

はい、そうです(笑)

しかし今回は記事のために全て文章を書き下ろしています。

ついでに言うと、写真選びとデザインのラフ起こしからやらせていただきました。

雑誌の記事制作なんて3年ぶりくらいかな〜。久しぶりの作業でしたが、好きなことを書くことは楽しかったです。

 

こんな企画を実現してくれたPCMの石丸社長(←同じ苗字なんです)、ありがとうございました〜!

 

ネットが発達し、SNSで誰もが情報を発信できる昨今「遊びが仕事になる時代」と言われています。

このマガジンが刷り上がって初めて見た時、今回の記事はその一端なんだなって思いました。

何が起こるかわからない世の中です。

数年後にはフォトグラファーを辞めて、ピルボックストレイル評論家として一本立ちしているかも〜(笑)

 

そしてまだまだ私のピルボックストレイルの旅は終わりません。近いうちに未公開トレイルをご紹介します!

お楽しみに〜!

 

【Maru’s Star RATE】

マストチェック度 ★★★★★

情報充実度 ★★★★★

遊びが仕事度 ★★★★

 

【当ブログで紹介しているピルボックスの記事へのリンクはこちらから】

◯ラニカイピルボックス(ラニカイ)

今やローカルしか行けなくなった!? Pill Box Trailへガイドが引率してくれるツアーがあった!

◯ピンクピルボックス(マイリ)

インスタでウワサの「ピンクピルボックス」に行ってきたよ〜

◯エフカイピルボックス(ノースショア)

ノースショアのエフカイピルボックス(Ehukai Pillbox) 詳細レポート

◯プウマエリエリピルボックス(カネオヘ)

カネオヘの絶景を堪能 オアフ島第4のピルボックストレイルに行ってみた!

◯カウェラベイピルボックス(タートルベイリゾート)

超絶穴場! オアフ島第5のピルボックストレイルを発見

◯カエナポイントピルボックス(カエナポイント)

絶景ここに極まる! オアフ島第6のピルボックストレイル「カエナポイントピルボックス」に行ってきたよ〜

 

Photo & Text by TOMOHITO ISHI”MARU” 石丸智仁

※本記事の写真及び文章の転載は一切禁止です

 

★★★★ ハワイ・オアフ島で写真好き、ハワイ好きの方のためのツアー形式の写真撮影講座を開催中 ★★★★

apt-hawaii.com

↑ ↑ ↑ ↑
現地在住プロカメラマンがオアフ島のフォトジェニックなポイントを1日かけてご案内し、現地で直接撮影方法を指導します。一眼レフはもちろん、スマホ参加も大歓迎。

 

http://www.tomohitoishimaru.com
↑TOMOHITO ISHIMARUホームページ

ハワイで”いちばん”な教会

SmallLogo

こんにちは。ハワイ在住”ウエディング” フォトグラファーのマルです。

 

最近、ホームページ経由でウエディング撮影のご依頼をいただいております。

スケジュールが合えばやらせてもらっていますが、その際いろいろご質問を受けます。

「真っ白な砂浜をバックに撮る場合はどのビーチがオススメですか?」

「サンセットをドラマチックに撮れる場所はどこですか?」

こんな感じでロケーション撮影の場所に関する質問はたくさんいただきまして、もちろん知りうる範囲でお答えしています。

 

いろいろなロケーションでウエディングも撮ってきましたが、先日ハワイ島にロケに行った時にここは! というロケーションに出会ってしまいました。

 

僕が知る限り、ハワイでいちばん小さくて、そして最も海に近い教会です。

その名は S.T.Peter’s by the sea catholic church。

場所は ここ です。

ハワイ島のリゾートエリア・コナの街の南にあります。

 

S.T.Peter's by the sea catholic church3th_
(Photo/Tomohito Ishimaru)

 

見てくださいこの堂々たる風格。。。って幅約3メートル、奥行きは6メートルくらいでしょうか。

おもちゃのような教会ですが、1880年に建てられ、

1912年に今の場所に移設されたというなかなか歴史のある教会です。

残念ながら訪れた時は閉まっていまして、中を拝見することはできませんでしたが、

調べたらローカルやアメリカ人は結構ウエディングの挙式場としても使われているようです。

 

日本のウエディング会社で扱っているところはあるのかな?

いちばん小さくて、いちばん海に近い。そんな教会で二人だけのウエディングなんて最高にロマンチックですね。

ここでのウエディング、撮ってみたいな〜。

いつかこのブログを読んでここでウエディングを挙げる、という方がいましたらぜひ一報を!

「ブログを見た!」で先着1組さま無料で撮ります(ほんとです)。

さていつになるかな〜(笑)

 

【Maru’s Star RATE】

フォトジェニック度 ★★★★

でも小さすぎて写真のバリエーションに困るかも度 ★★★★

ローカル度 ★★★★★

 

Photo & Text by TOMOHITO ISHI”MARU” 石丸智仁

※本記事の写真及び文章の転載は一切禁止です

 

★★★★ ハワイ・オアフ島で写真好き、ハワイ好きの方のためのツアー形式の写真撮影講座を開催中 ★★★★

apt-hawaii.com

↑ ↑ ↑ ↑
現地在住プロカメラマンがオアフ島のフォトジェニックなポイントを1日かけてご案内し、現地で直接撮影方法を指導します。一眼レフはもちろん、スマホ参加も大歓迎。

 

http://www.tomohitoishimaru.com
↑TOMOHITO ISHIMARUホームページ

Kua Bay 〜Hawaii:A Bird’s eye〜

SmallLogo

こんにちは。ハワイ在住フォトグラファーのマルです。

先日ハワイ島に撮影に行ってきました。

ハワイ島にもたくさん美しいビーチがありますが、とりわけ僕が好きなビーチがこの写真の「Kua Bay」。またの名を「Manini’ owali Beach」と言います。

場所は こちら です。

高級リゾートの Four Seasons Resort Hualalai のすぐ南にあり、日本からの直行便のあるコナ国際空港から車で10分ほどと近いのですが、ハワイ島のリゾートエリアからは離れているため、特に日本人ツーリストには知られていません。

ドローンの写真で見ると分かりますが、ビーチの幅は100mくらいほどでこぢんまりとしています。

僕はハワイ島のいろいろなビーチを撮影で訪れていますが、砂が白く、海の色もとても綺麗で、晴れた時の美しさはハワイ島のビーチの中でもトップクラスだと思っています。

駐車場、トイレ、シャワーがあり、ファミリーでも使いやすい(売店はありません)。

リゾートのビーチも良いですが、たまにはレンタカーでこのようなローカルビーチを訪れるのも、ハワイを楽しむアクセントになります。

ハワイアン航空に引き続き、JALも東京からハワイ島への直行便を運行し始めました。

ハワイ島への旅行を計画中のみなさん、このビーチはおすすめですよ!

 

 

3クア・ベイ-29th_
(Photo/Tomohito Ishimaru)

Photo & Text by TOMOHITO ISHI”MARU” 石丸智仁

※本記事の写真及び文章の転載は一切禁止です

 

★★★★ ハワイ・オアフ島で写真好き、ハワイ好きの方のためのツアー形式の写真撮影講座を開催中 ★★★★

apt-hawaii.com

↑ ↑ ↑ ↑
現地在住プロカメラマンがオアフ島のフォトジェニックなポイントを1日かけてご案内し、現地で直接撮影方法を指導します。一眼レフはもちろん、スマホ参加も大歓迎。

 

http://www.tomohitoishimaru.com
↑TOMOHITO ISHIMARUホームページ