氷の洞窟 〜冬のアイスランドより〜

SmallLogo

こんにちは。ハワイ在住”旅グラファー”のマルです。

映像撮影の仕事で昨年9月にも訪れたアイスランドに来ています。

今回はアイスランドの冬景色の撮影が目的です。

アイスランドの冬。聞いただけでも身が凍えそうですが、実はアイスランドの冬は想像するほど寒くはありません。夜でも−5℃〜-10℃くらい。日本のスキー場と似たようなものです。

アイスランドの冬の風物詩といえばオーロラ 。

オーロラは誰でも知っているものですが、それ以外にもうひとつ魅力的なものがあります。

それは氷河にある氷の洞窟(アイスケーブ)です。

まずはざっと写真を見ていただきましょう。いずれも今回のロケで撮影したものです。

 

(PHOTO/Tomohito Ishimaru)
(PHOTO/Tomohito Ishimaru)

 

th__DSC5363
(PHOTO/Tomohito Ishimaru)

 

th__DSC5345
(PHOTO/Tomohito Ishimaru)

 

th__DSC5312
(PHOTO/Tomohito Ishimaru)

まさにリアル「アナ雪」!  ディスニーの世界ですね。

青く神秘的に輝く世界。実際に目にすると息を飲みます。こんなところが現実にあるのです。

 

今回撮影したアイスケーブはアイスランドの南東にある ヴァトナヨークトル氷河 にあります。

アイスランドにはいくつか氷河がありますが、そのいくつかの氷河にローカルガイドがいて、

洞窟まで案内してくれます。

洞窟までの距離はそれぞれですが、多くの観光客が行くのは2、3時間で終わるツアーで、

車を降りてすぐに見られるもの。しかしそれだとコンディションがよいところが少なく、

滞在時間も短く、そして人も多いため撮影には不向き。

そのため僕は1日かけて氷河を歩き、人が少なくてコンディションがよい洞窟に案内してもらいました。

この日はラッキーなことに晴天。おかげで光がよく入り、青の世界がよりいっそう映えました。

ツルッツルの氷河を歩くのは初めての経験。

透き通る氷の上を歩くのは最初はヒヤヒヤします。下は完全に氷なので、普通の靴では滑りまくるので、アイゼンを貸してくれます。

そして歩いて行くうちに慣れてくると周りの景色を楽しむ余裕が生まれます。

 

(PHOTO/Tomohito Ishimaru)
こんな感じで1日で4時間以上氷河を歩きました(PHOTO/Tomohito Ishimaru)

 

th__A7_9782
氷河の先に入り組んだ氷の一帯が。この先に氷の洞窟はあります(PHOTO/Tomohito Ishimaru)

見渡す限り360度の氷の世界はそれだけで絶景です。

吹きさらす風は寒いですが、本当に貴重な体験でした。

ハワイとは真逆の世界ですが、アイスランドも世界で最も魅力溢れる島のひとつ。

冬のアイスランドに来たら、アイスケーブトレッキングはかなりおすすめですよ。

 

Photo & Text by TOMOHITO ISHI”MARU” 石丸智仁

※本記事の写真及び文章の転載は一切禁止です

 

★★★★ ハワイ・オアフ島で写真好き、ハワイ好きの方のためのツアー形式の写真撮影講座を開催中 ★★★★

apt-hawaii.com

↑ ↑ ↑ ↑
現地在住プロカメラマンがオアフ島のフォトジェニックなポイントを1日かけてご案内し、現地で直接撮影方法を指導します。一眼レフはもちろん、スマホ参加も大歓迎。

 

http://www.tomohitoishimaru.com
↑TOMOHITO ISHIMARUホームページ