旅行者こそ参加すべき! Honolulu Umisakuraのビーチクリーンアップに参加してきたよ〜

SmallLogo

こんにちは。ハワイ在住 フォトグラファーのマルです。

 

今回はちょっと写真から離れますが、去る10月22日にとあるボランティアに参加してきました。

ワイキキのお隣、旅行者の大半が足を運ぶアラモアナセンターの目の前にある、

アラモアナビーチをクリーンアップ(ゴミ拾い)するボランティアです。

 

アラモアナビーチはローカルの憩いの場で、僕自身もハワイの中でも最も好きな場所の一つ。

_DSC2498

このようにとっても綺麗なビーチで、訪れるのは観光客というよりほとんどローカルたち。

特にこの日は日曜日だったので、たくさんのローカルが休日のひと時を過ごしていました。

 

主催はHonolulu Umisakuraさんです

このボランティアを主催しているのはHonolulu Umisakuraという団体です。

Honolulu Umisakura のホームページ

 

Umisakuraは日本の湘南で発祥したビーチクリーンアップを主活動とするNPO法人です。

「目指せ! 日本一楽しいゴミ拾い」をキャッチコピーに、さまざまな催しを絡めたビーチクリーンアップを展開しており、今は湘南だけでなく日本全国およびハワイを含めた海外に支部が発足され、その運動はどんどん広まっています。

日本のUmisakuraのホームページ

その海外初の支部となったのがHonolulu Umisakura。

2012年に発足し、それから毎月1度のビーチクリーンアップを続けています。

 

Honolulu Umisakuraの代表はハワイ在住の河地史哉さん。

元々日本のUmisakuraの関係者とお知り合いだったそうで、

「ハワイに住んでいる自分たちだからこそ、何かハワイに恩返ししたい」という思いから、Umisakuraの活動をハワイで行おうと思いつき、始めたそうです。

僕は先日河地さんとふとしたきっかけで知り合ったのですが、

そのとき「5年前に活動始めた時は、独りだけだったんですよね〜」なんて言ってまして、後でHonolulu Umisakuraのブログを見ると。。。

記念すべき第一回の活動報告ブログは こちら

うわ、本当に独りだ(笑)

いやいや (笑) ってる場合ではないです。スゴイ! スゴイなこの行動力。。。。

そしてさらにスゴイのがその活動を5年間続けているということ。

1度や2度のボランティアなら気が向けば簡単にできますが、雨の日も風の日も、人が集まっても集まらなくても、

5年も月に一度の活動を継続してきたなんてスゴイのひと言です。

まさに継続は力なり。今では多い時には50人の参加者が集まるほどの活動になっているそうです。

 

僕も感心している場合ではありません。早速参加させてもらいました。

 

Honolulu Umisakuraのボランティアの1日はこんな感じだったよ〜

集合は朝の9時30分。場所はアラモアナビーチパークのワイキキ側の出入り口すぐにある、白いゲート付近です。

グーグルマップはこちら

 

_DSC2476
参加者が集まるとビーチクリーンアップの段取りと注意点が説明されます

 

_DSC2473
ボランティアの説明をする代表の河地さん

 

_DSC2482
Umisakuraのスタッフさんはお揃いのTシャツを着ています

 

_DSC2487
ゴミ拾いに必要なビニールは支給され、トングは貸し出してくれます

 

_DSC2485
キッズの参加もOKです

 

_DSC2489
説明が終わったら早速ゴミ拾いへ

 

_DSC2490
側道からさっそくゴミ発見

 

_DSC2495
ゴミで圧倒的に多いのはタバコの吸殻。こういう小さなゴミこそ鳥やカメが飲み込むので拾っていきたいという河地さんの言葉が印象的でした

 

_DSC2501
肝心のビーチもしっかりきれいに

 

_DSC2505
みんなで集合写真

 

ゴミ拾いは1時間ちょっとで終了です。

今回は約30名の参加者で、約10袋分のゴミを回収することができました。

最後はダイヤモンドヘッドをバックに記念撮影。お疲れさまでした〜。

 

こういう公共の場のゴミ拾いっていつ以来だろう? 学校の行事とかでやって以来かな。社会人になってからは初めて。

参加してみた感想は

◯普段よく行くアラモアナビーチも改めて見るとゴミがかなり多いことに愕然とする

◯とにかく無心になれる。単純作業なんだけど(いやそれがゆえに)、目の前のゴミを拾う作業に思った以上に没頭して1時間少しのゴミ拾いがあっという間に終わった

◯終わった後の爽快感がスゴイ。少しでも世の中のために役に立てたという爽快感。はっきりいって気持ちが良い

 

いや参加してよかったよかった。満足です。

でも「日本一楽しいゴミ拾い」がコンセプトのUmisakuraの活動はこれだけでは終わりません。

 

Umisakuraの活動は在住者も旅行者も参加すべき。その理由は。。。

Umisakuraは活動の継続には何より「楽しさ」が必要と考えており、

Honolulu Umisakura も参加者を飽きさせない趣向が凝らしてあります。

 

その1 抽選会

クリーンアップ後に、参加者のネームタグを袋に入れて、抽選会が行われます。

Honolulu Umisakuraには地元企業のスポンサーが付いていて、レストランのお食時券、スパのマッサージ券、オリジナルグッズ等々さまざまなものが当たるのです。

_DSC2509
こちら女性はホノルルにあるスパの$100相当のチケットが当たりました。おめでとうございます!

その2 毎回開催される特別イベント

Umisakura ではスペシャルゲストを招いてイベントを行います。

今回は2015年京都で開かれた「Best Body Japan」という美しい体を競う大会でマスターズ部門の1位に輝いた

安孫子健太郎先生によるモテボディ作りのプチ講座。

簡単で効果的なエキササイズ、女性が気になる二の腕や、お腹やお尻のトレーニング法を

30分に凝縮して教えてくれました。いや〜、かなり濃くて結構効きましたよ。

先生のトークも最高で30分の講座はあっという間。

翌日はしっかり筋肉痛になりました。

_DSC2516
さわやかトークの安孫子先生。今度始まるハワイのTV番組LOCAL HAWAIIのMCもしてます

 

_DSC2526
芝生の上でみんなでプチエクササイズ。簡単な方法を教えてもらったんだけど、これがかなり効きます

 

これは一例ですが、こんな感じで毎回ゴミ拾い後に特別なイベントが開催されます。

 

その3 ハワイでBBQ最高〜!

Honolulu Umisakuraの活動の締めくくりはBBQ!

こちらの参加は任意で有料です。男性$15、女性$10、子供は12歳以下は無料。

任意だけど、これは絶対参加すべき。

気持ちの良い風が吹き抜ける公園でもBBQは最高です。

_DSC2530
肉、野菜、ハンバーガー、焼きそばまでいろいろいろいろ出てきてお腹いっぱい

在住者は在住者同士の新たな知り合いができます。

そして旅行者の方ももちろんウエルカム。実際に今回も数名のツーリストさんが参加されていました。

ハワイ在住者とお友達になれますし、BBQは普通の旅行ではなかなか経験できませんしね。

日本人中心の活動なので、言葉の心配は全くなし。

 

_DSC2536
自分も久しぶりのBBQ。やっぱり外で食べる肉は美味い!

 

旅行者の皆さん、ぜひ参加してください!

 

※BBQはほとんどの回で開催されますが、たまに諸事情により開催されない場合があります。BBQ開催の有無は事前に確認してください。

 

ボランティアの参加方法と次回予告だよ

ボランティアの参加は開催日に上で紹介した場所に行くだけ。

事前予約等は入りません。

BBQ参加の場合のみ下記のメールアドレスに事前連絡が欲しいそうです。

名前と参加人数をおしらせください。

もちろん日本語でOKです。

 

honoluluumisakura@gmail.com

 

そして次回は 11月19日開催。集合時間はAM9:30

次回はなんと記念すべき60回目の開催。これで活動開始からまる5年になるわけですねー。すごいです。

そしてこの時期はホノルルマラソン直前。そんなわけで、クリーンアップはホノルルマラソンのコースを掃除するそうです。

またスペシャルゲスト&セミナーは

◯アラモアナのランニング専門店 「Runners Route 」 加茂マネージャー

「ファイティン・ハワイ」野村氏

 

両氏によるマラソン関連のスペシャルセミナー。

・フルマラソンを走りきるための正しいシューズ選び

・フルマラソンのための調整方法

・フルマラソンを乗り切るためのファイティンの正しい使い方・貼り方

 

を無料でレクチャーしてくれるそうです。

次回もしっかりBBQも開催されるとのこと。

 

旅行者の皆さんはもちろん、ハワイ在住のマラソン出場者の皆さんもこの機会に「ハワイで一番楽しいゴミ拾い」にぜひ参加してみてください。

 

Photo & Text by TOMOHITO ISHI”MARU” 石丸智仁

※本記事の写真及び文章の転載は一切禁止です

 

★★★★ ハワイ・オアフ島で写真好き、ハワイ好きの方のためのツアー形式の写真撮影講座を開催中 ★★★★

apt-hawaii.com

↑ ↑ ↑ ↑
現地在住プロカメラマンがオアフ島のフォトジェニックなポイントを1日かけてご案内し、現地で直接撮影方法を指導します。一眼レフはもちろん、スマホ参加も大歓迎。

 

http://www.tomohitoishimaru.com
↑TOMOHITO ISHIMARUホームページ